スタッフ紹介

小野 喜代司(kiyoshi ono)ベジタリアン

小野喜代司

【プロファイル】
東京農業大学卒

(有)アグリサービス小野 代表取締役

高校在学中にアメリカのミネソタ州へ農業研修に行く。東京農業大学在学中はスキー部に所属し、学生レースで活躍。大学卒業後はプロのスキーヤーに転向し、春夏秋は農業、冬はスキーのレース、コーチとして活動する。オーストラリア、ニュージーランドで農業研修をし、現在は農業をやりながら冬はパウダースキーを楽しみ、オールシーズンを通してロングボードのサーフィンを楽しむ。

■ベジタリアンになったキッカケ
パートナーの影響もありますが、サーフィンをしていると海を通じて環境問題などに興味が出てきます。自分の尊敬するサーファーがベジタリアンに転向している事から、自身でもいろいろと調べてみると、肉体・精神的、自然環境にも良いと思い自分もベジタリアンになりました。結果、体が軽くなり、ウエイトも減り、思考もスッキリしました。

小野 友恵(tomoe ono)ベジタリアン

小野友恵
 

【プロファイル】
国立新潟大学・経済学部卒

(有)アグリサービス小野WEB担当
マクロビオティックインストラクター(2009年 マクロビオティック リーダーシップ プログラム Level3修了)

自身の体調不良を機にマクロビオティックと出会う。KIJで本格的に学び認定ライセンスを取得後、ママアルパを立ち上げる。楽しく学び、楽しんで実践するをモットーに講座・調理指導・カルチャースクールの開催、ヴィーガンカフェのプロデュースなどを手がける。現在は育児をしながらマクロビオティック・ベジタリアンの普及活動を行っている。

■ベジタリアンになったキッカケ
幼少期から体の不調が多く、病院、医者通いの日々を送っていたが、身体が健康になる事はなく、年齢と共にますます不調を繰り返すようになった。人はなぜ病気になるのか?どうやったら健康になるのか?を研究し、様々な事を実践する中でベジタリアンになる事を選択した。

サブコンテンツ

このページの先頭へ